★元気出てくれば、元気出てくる!!
「元気でてくれば 元気でてくる 
元気なくなれば 元気なくなる」


これは、私のつくった語録(!?)の一つです。
まわりの人に聞くとそうでもないのですが、自分の中では結構好評です(笑)


さて、なんでこの語録を出してきたかといいますと、本当に人間って弱い部分がある生き物だなぁ、と思うんです。そして不思議な生き物だなぁと。


弱いんだけれど、「自分にはできるんだ…」という思いを持ちつづけながら頑張っていると、本当にできてしまう。で、「もう、無理かもしれない。」と思いはじめると、やっぱり無理になる。


それと同じように、やる気がおきて元気がでてくると、元気になってきますし、反対にダメだと思って元気がなくなってくると、本当に元気がなくなってしまうのです。


  ○ ○ ○


私が若い頃の話なのですが、…ちょっと生活が大変だなあ…ちょっとツライなぁという時期があって、その頃はたまに自然を見に行きました。早朝、車で近くの山とか、川とかに出かけて(自然がすぐ近くにある土地なので)朝日がのぼってくるの中、景色を見渡すんですね。


そうすると、だんだんあたりがパーっと明るくなってきて、視界が広がっていくような感じがするんです。気温もだんだんあがってくるので、あたたかさを肌で感じながら「ようし、がんばろう!」と思える。


今思えば、自分に活力をあたえるために、元気をださせるためにやっていたのかもしれません。


元気がない時って、夕暮れに川の流れとかを見つめる…っていうイメージがありますが、私は逆に、朝日がのぼる時に自然をながめていたんですね。


  ○ ○ ○


人それぞれ、ちょっとツライな…という時の元気の出し方ってあると思うんですが、この元気の力って、とっても大切なんですよね。


家事に…育児に…仕事に…いろんなことに毎日一生懸命。子供にいつも笑顔を見せていたいのに、ついみけんにシワがよってしまっていたり。「もーいやだ!」なんて投げ出せないことってあります。そこにきて元気がなくなったら…。


問題をとても大変な問題なんだと深刻になると、身動きできなくなります。問題を問題と考えないで、楽しく前に進んでいける力…元気の力は偉大ですよね。


「元気をだそう」といって元気のでるものではないかもしれませんが、自分で自分の元気を出させるコツをみつけておくということは、かなりのおすすめです。


がんばって、お母さん!がんばって、お父さん!という気持ちをこめてお届けしました。

●子育てコラムタイトル(タイトルページ>>>
壁にぶつかった時の、魔法の言葉 憧れの人から、感動されるチャンスはある!
他人より劣ってなんかいない 「ほめる側」と「ほめられる側」
ハンディキャップはみんなにある 春っていいですね…
「できないよ」の壁 どうしたら、いいんだろう…からはじまった
基本を学んでからでないとできない? 夢へのアプローチのしかたは一つだけじゃない?
意外とできるものって少ない 夢に近づく力をつける
「自分ならできる」という自信の“芽” 今の自分を知る…のはコワイ!?
子供と共有する時間 長い眼でみる、続けてみる
元気出てくれば、元気出てくる!! いけないものにフタ?
親のいうことを聞かない子は、もしかしたら素晴らしいのかも ひと呼吸おいて眺めてみる
心の本棚
どんな問題も簡単に解決できちゃう!?
子供の頃はだれもが持っているのに…
ほめて育てる…納得。でも実際は難しいー!
パカッと開けてみました
認めて受け入れる心
他人のいいところは、たくさん見えちゃう