よくある質問コーナー

「空想画ですごいじゃん!!」に関してよくあるご質問をご紹介します。弊社にお問い合わせいただく際に参考にしていただければと思います。

うちの子の絵は上手ではないように思うのですが・・

結果として、絵が上手に描けたとか描けないとかは、あまり重要ではありません。1枚の紙の中で、お子さんの心にスイッチが入り、どれだけ発想が広がっていき、それが表現できたか・表現しようとしたか、が一番大切なことです。お子さんがたくさん発想できたと思ったら、心からほめてあげてもらいたいと思います。

描こうとしている物に絵が似ていないのですが・・

お子さんが描いたものが描こうとしたものと似ていなくても、全く気にしないで下さい。
お子さんにとっては、その描いたものが描こうとしたものそのものですから、お子さんが思っているものをそのまま受け入れ、「よく描けてるね」とほめてあげて下さい。

絵には自信がないので、子供にうまくアドバイスできるか心配です。

お子さんにしてもお父さんお母さんにしても、絵の技術の有無は全くといっていいほど問題にはなりません。
アドバイスするお父さんお母さんも、お子さんと一緒になって楽しく課題に取り組んでみてください。大切なのは親子で遊ぶ感覚です。楽しくなければ長続きしませんし、強制されて取り組むのでは意欲もわかないでしょう。

一般的に、子供たちの創造性はみな素晴らしいと言われているのではないですか?

子供なら、みんな創造性豊かというわけではないと思います。しかし、全然絵が描けなかった子が人に感動を与えるものを描けるようになってきます。おおげさではなく、現実なのです。
才能とか創造性といわれているものは、子供時代であれば、ちょっとしたきっかけと励ましで、それまで子供の中に眠っていたものが、大きく芽生えてきます。

子供たちをプロデュースしていくとはどういうことなのでしょうか?

それぞれの子供たちの、未熟なところや悪いところやを指導していくのではなく、極端に言えば悪いところをでなく良いところだけを徹底して伸ばしていくことがプロデュースだと思います。
義務教育では、いろいろな体験を通してたくさんの可能性を示し、平均レベルに引き上げてくれます。ただ、それぞれのいいところを徹底的に伸ばしてはくれません。
誰かに追いつく、みんなと同じようなことができる、いろいろな体験をするのではなく、その子供しか持っていない特別の光を輝かせてあげて、一人一人舞台の上にあげて、スポットライトを当ててあげるお手伝いという意味でのプロデュースなのです。

絵が描けなくても、大人になってから困らないと思いますが。

たしかに、「絵を描けないから困る」ということはないと思います。また、絵を描けないというのは「上手に」描けないということだと思います。しかし、絵を描くという行為は、紙と鉛筆とそこに何かを描くという勇気があれば誰にでも出来ることです。
「空想画ですごいじゃん!!」は、紙の上に自分の世界を造り上げるという行為を通して、その人にしかない大切な宝物が本当にあるということをお子さんに実感してもらい、自信を蓄えて自分の夢に向かって歩むサポートを保護者の皆様と共にしていきたいと考えています。

常識的な考えを習得していくと、創造力は伸ばしにくいのでしょうか?

社会生活をしていく中で、当然常識は必要なものですし、知識や経験の積み重ねから常識は自然に備わっていくものだと思います。ただ、物事に向かい合う際にいつのまにか常識のかげに隠れて見えなくなってしまう部分が出来てしまうことがあります。
子供が本来生まれ持っている伸びやかな心・キラキラ輝く心・創造的な心・をそのままに成長を願うのであれば、やはり物事に素直に向き合う心を常識を学ぶのとは別に育てていく必要性があると思います。

何のために創造性を育むのでしょうか?

どんなに創造性があっても、それを発揮するには自信と勇気がないとだめなのです。誰もやってないことを推し進め、実現していくには、大変な勇気と実行力を必要とします。
それを将来多種多用の分野で発揮してもらうために、なにより、こんなことをしてみたい、やってみたいと思う心や意欲をこの「創造性」こそが育ててくれるのです。真の創造という体験を子供のうちにたくさん体験していくことで、自信と勇気、そして夢や目標を持てるようになるのです。

子供の絵のよさについてどう思いますか?

子供の絵というだけで“微笑ましい絵だ”とは思いません。私は、子供の絵だろうと大人の絵だろうと、区別なく「どれだけ見る人に訴えるものがあるか!」という見方をしています。
子供が描いたから微笑ましいとみるのではなく、その絵の中に真のすごさを見つけること、それを思い切り花咲かせてみようと思っているからです。

子供の描いたものを「ちょっと変だな」とか、あまりいいと思えない時があるのですが、どうして接していったらよいでしょうか?

一般的な“美しい”とか“うまい”という価値観にはあてはまらないタイプのものが課題画には多いので、「ずいぶんと変わってるな」と思うこともあるかと思います。  たとえば、課題で出てくるかぶと虫が、おうちの方の目に「変なかぶと虫」と映ったとしても、それはすでに頭の中にあるかぶと虫と“似ていないから”だと思うのです。
ですが、課題画は本物そっくりなことがイイと判断する場ではないということを思い出してみてください。  たぶん、おうちの方はお子さんに「へんなの」と言ってしまったり、そういう態度をとってしまうことで、お子さんのやる気をそいでしまうのではないだろうか…と心配されていると思います。 
単に“変なの”と否定的な態度は、間接的に“こういうのはいけない、よくない”とお子さんに伝えることになってしまいますから、せっかくのお子さんの自由な心をしぼませてしまいます。
ですから、そんな時はこう思ってみましょう。「何がよくて、何がよくない…というのではないんだ。今まで見たこともないものを自由な心で生み出せたことって、スゴイんだなぁ。」「変だからオモシロイ!!スゴイ!」という感じです。
おうちの方もどんどん“やわらかな頭”になってみてください。