子ども達に“奇跡”が起こります!

私の目の前で、たくさんの奇跡が起きたのです。

 

もともと、子ども達は、「絵を描きたい」「表現したい!」という気持ちを本能的に持っています。
ですが、それをどのように伸ばしていっていいのか・・・子ども達もわかりませんし、まわりにいる大人たちもただ見守っているしか、しかたのないことだと思っていたのではないでしょうか。

まさに、こどもの本能まかせだったのです。
ところが、「ある工夫と仕掛け」をしてあげれば・・・それが強力なスイッチとなって、子どもたちの心が動きだしてしまうことがわかったのです。それもすごい勢いでです!

 

「うちの子は、絵を描くのだろうか?」 
「よその家の子は、楽しそうに絵を描いているのに、どうしたんだろう!」

 

そんな、不安とは、もうさようならをしてください。
誰でも、簡単に、子ども達の本能的な能力を引き出し、楽しむことが出来るのです。

 

あるきっかけで、心のスイッチを押された子供は、様々な発想があふれ出し、どんどんイメージがふくらんでゆきます。そのイメージがさらに新しいストーリーに発展してゆき、面白いように次々と発想が展開してゆくのです。こうなると、もう誰も止めることはできません!
「お母さーん、みてみて、こんなのかいてみたよ!すごいでしょー☆」「これはね、ケーキのおうちなの。ここが窓になっててねぇ…♪」「ここはね、とげとげ星人の国なんだ!!だから空もとげとげなんだよ!!」と、お母さんのところへやってきます。
もう、うるさくてしかたありません。
子供たちは、自分の頭の中から生まれてきたお話の説明を、誰かに聞いて欲しくてたまらないのです。
 まるで魔法をかけられたように子供が楽しそうに取り組んでしまう『空想画』、お母さんがしてあげることといったら、“お話を読んであげること”“と最初にちょっとしたスイッチを入れてあげること”そして、“絵を描いているお子さんの話を聞いてあげること”それだけなのです。(え、ほんとうにそれだけ?)
そうなんです。これは、誰にでもできて、とっても簡単。お子さんとそんな楽しい時間を過ごしているうちに、お母さんの目には、お子さんにしかない凄いところがどんどん見えてきて、驚きや感動で特に意識しなくとも気がつくと自然とほめていたりするんです。『空想画』を使うと、お子さんの可能性の大きさを不思議と簡単に肌で感じることができるのです。
多くのお母さん達からこんな話が寄せられています。

 

「お話は読んであげられても、お絵かきをさせるとなると、何か難しそう」
「私は、絵が苦手なので子どもに絵を教えられない。」
「絵がわからないので、うまくほめることができません」
「絵ごころがないので、どうしたらよいかわからない」
「子どもにだけは、絵を楽しんでもらいたい」
「・・・・・・・」 

 

などなど、たくさんの不安の声が寄せられてきますが、もう心配はいりません。
絵が下手で、絵が嫌いで、絵ごころがなかった
「絵の下手な絵画教室の絵の先生」の私が考えついた方法ですから、いたって簡単で楽しいのです。
誰にでも、簡単に、子どもの目をキラキラ輝かせることができるだけでなく、あなたの心までもキラキラにしてしまうのです。