失敗しない子供の習い事選び【小学生編】 ☆“子供の習い事”コラム☆どんな問題も簡単に解決できちゃう!?

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
どんな問題も簡単に解決できちゃう!?
あなたは今何かで悩んでいますか?
自分のこと、またはお子さんのこと…?


ほんと、毎日いろんなことありますよネ。
楽しいこともあれば、「ちょっと問題だなぁー」っていうことも。


たとえ「ちょっと」だとしても、ことあるごとに顔を出してあなたを困らせ悩ませているとしたら…


「あーあ。どうしてこうなのかしら…(ため息)」


やっぱり憂鬱ですよね。


そんなあなたに、今回は解決へのちょっとした近道をご案内しましょう!


* * *


★★とっても簡単!問題を解決するには?★★


たとえば、あなたはお子さんのことで悩んでいたとします。


勉強しない。忘れ物が多い。ぐずぐずしている…などなど。
(もっと細々と数えきれないかもしれませんが。)


その時、どう考えますか?


「なんとか、勉強させよう」「こまった子だ。忘れ物をなくさせよう。」
        ↓
「そのためにはどうしたものか!」


あなたはもしかすると、恐怖の「これは問題だ…メガネ」をかけちゃっているのかもしれません!!これをかけていると、問題しか見えなくなってしまい、無理にでも解決しようという方向に走りがちです。


「勉強しなさい!」


「なんで忘れ物ばかりするの?」


「∞×□@△○α…」


問題を問題と思うと気持ちが暗くなるだけなんです。


それが、お子さんについての悩み、問題だとしたら、お子さんだって敏感に感じます。結構ダイレクトに響いてしまうのです。


そして、みーんなで気持ちが暗くなっちゃいます。まさしく悪循環。


そうやって問題にばかり集中してしまうと、どんどん事態が悪化していることもあるのです。(一見、表面上は問題が解決するかもしれませんが…)


ですから、いますぐそのメガネをはずしちゃってください。
そしてその次に、どうすればいいのかというと…


* * *


★★たとえドラえもんがいなくても…★★


困った時、問題が解決できそうにない時。「ドラえもーん!」と助けを呼ぶのは、のびた君。


あなたのところにドラえもんが来てくれることは(たぶん)ないと思いますが、でも、大丈夫!


あなたにもあるんです。想像上の4次元ポケットが!
それでは早速、解決アイテムを取り出してみましょう。


ジャカジャーン!


「ちっとも問題じゃない☆メガネ?」


問題だらけに見える。時として、いいところなんて全然ないように見える。
だけど、「ちっとも問題じゃない☆メガネ」をかけてみるのです。


すると、問題に覆われて隠れて見えなかったものが、ひょっこりと顔をみせたりします。


* * *


★★実は私も使ってました。★★


以前、私は雪国の小さな田舎町で美術工芸教室をしていました。そこでたまたまはじめた「子供絵画のクラス」に集まったのが、はじめは7人。徐々に口コミで100人以上になったのですが、みーんな違った個性100人が100人違った子供たちでした。


普通の目で見たら、問題と見れば問題と見える(能力がない、才能がない、よさがない)という子達だったかもしれません。


でも、誰一人ダメじゃなかった。


というのも、たぶん、「そう見なかったからから」だと思います。


当時は無意識に…というか私の場合必要に迫られて?一人一人「この子はどこのよさを引き出そうかな?」と「一人一人の持つスタイルで伸ばそう」というふうな目で見ていました。


そうです、「ちっとも問題じゃない☆メガネ」をかけていたんですね!


* * *


★★さらに…あなた自身にも使えるメガネだった!★★


このメガネ、あなた自身の問題にも使えるんです。


使用上の注意:
まずは恐怖の「これは問題だ…メガネ」をはずすのをお忘れなく!


問題を、問題とは考えないでください。
問題と思うことは軽くながしちゃいましょう!


次に、想像上の4次元ポケットから、「ちっとも問題じゃない☆メガネ」を取り出してかけてみてください。


そのメガネをかけると、面白いことに、問題ばかりに心をとらわれずに…違った視界が広がります。


そうこうしていると、よいことを探すようになって、いつのまにかはじめに問題と思っていたことが解決していたりするんです。


「そう世の中、単純だったら苦労しないっ!」


そう思う人の方が多いかもしれませんね。


でも、ひょっとすると…問題と思っていたことは、意外と思い込みや一つの価値観から生まれているだけなのかもしれません。


もし今度なにか問題にぶつかった時は、「ちっとも問題じゃない☆メガネ」ぜひ試してみてくださいね。

≪前のページ