失敗しない子供の習い事選び【小学生編】 ☆“子供の習い事”コラム☆パカッと開けてみました

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
パカッと開けてみました
今、使っているPCのマウスがとっても調子がいいんです。「おーーっ」っていうくらいスムーズな使い心地です!!


ちょっと前までは、動きが悪く…時々画面上の矢印(ポインター)が思う場所に届きにくくなって、たまにマウスのを小刻みに左右に動かしてみたり、それでもダメな時は(思うようにならないと、ついイライラ?)持ち上げて上下させてみたりでした。


実は、マウスを掃除したあとなので今とっても調子がいいんです(笑)


みなさんはマウスの掃除ってしたことありますか?


私はこないだがはじめてでした。
まずマウスを裏がえして、ドライバーでネジをはずして、パカッと開けてみると、中にあるボールを囲んでいるローラーのまわりに、あるんですよね…こまかいホコリが。


そのホコリがまきついて動きをにぶーくさせていたわけですね。


チリも積もればなんとやら…そんなマウスのホコリ(ちょっとしかないように見えたのですが)をとってみると、こんなにもスムーズ!!


ビックリしながらも「よかったナ、マウス君。」と思ったら、単にもともとの状態にもどっただけなんですよね、マウスは。


★★人にたまるホコリもある?★★


そこでまた、ちょっとこじつけのように聞こえるかもしれませんが、人も似ているような気がしたんです。


人とマウスを一緒にするな!?というツッコミはさておいて、ホコリって不思議ですよね。


普段は空気中に漂って、ほとんど目に見えないチリなのに、いつのまにかそれがあんなふうに集まっちゃうんです。


実際に人の中にホコリがたまってしまうってことはないのですが、たとえば「こうでなくっちゃならない」とか、「こういうのが常識なんだ」とか、「こういうほうが、いいんだ」という価値観…目に見えないけれど絶えずまわりに漂っているものです。(ちょっと強引なたとえでしょうか?)


もちろん、それが必ずしも害にはならないでしょう。ただ、知らず知らずに自分のまわりにこびり付いて、どうにも身動きをにぶくさせることもあるよなー、なんて思ったんです。


★★どうにも身動きできなくなるその前に★★


もともと「私は私だー!どうだー!」(?)という人は心配ないのかもしれませんが、「自分なんてまだまだ」と謙虚な気持ちを常に持っている人や、「もっとよくありたい」という向上心の旺盛な人ほど、この目に見えないチリ(こうでなくっちゃならない等)がホコリとなって…それがいつのまにかに自分本来の姿にまとわりついて身動きしにくくさせてしまう危険性があるように思います。


確かに、何か自分に足りない要素を意識して補おうとすることは立派なことです。でも、自分がそれにガンジガラメになってしまっては…ちょっとツライですよね。


マウスのようにパカッと開いてお掃除…とはいきませんが、たまに、開き直ってみるくらいがいいのかもしれません。


「どうだー、この私。」くらいになって、からみついてるホコリを取り除いてみたり(笑)


小さなホコリを取り除いて、本来の自分らしいもとの姿にしてあげましょう!


そうすると、とってもスムーズになります。何かに捕らわれている時よりむしろ目標にしていたところに、早くたどりつけるかもしれません!


それに、お子さんに対しても同じかもしれませんよね。
「もっとこうだといいんじゃないだろうか」「他の子のように○○だったら」
という思いを知らず知らずに抱いてしまうもの。


でも、場合によってはそんな気持ちがお子さんにからみついて、本来の状態よりも身動きしずらくなってしまっているかもしれません。


ただし、そうと聞いてご自分をせめないでくださいね。それはあなたがお子さんに幸せになってほしいという愛情からわきでてくるものなのでしょうから。


★★親子でいっしょに★★


だからこそ時々、「うちの子はうちの子だーー!」とあなたもお子さんと一緒にパカッと開き直ってみるのもいいかもしれませんよね!
(年に何回かは!?)


ちなみに私はよく開き直ったりしているかも・・・

≪コラム…その5