失敗しない子供の習い事選び【小学生編】 ☆これで大丈夫!編☆もっと視界を広げてみよう!

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
もっと視界を広げてみよう!
ちょっと考えてみてください。
たとえばお子さんに英会話を、と漠然と考えてみたとします。


そんな時、お子さんが将来“世界を股にかけて仕事してる”姿をイメージするかもしれませんよね。そうなると、「海外で仕事をするにも、外資系に働くにも…語学力があることは必要最低限かなぁ。」


ですが…
日本語を話せるからという理由だけで日本の会社に採用されたり、日本語を話せるからという理由で給料をもらえないのと同じように、語学力だけで雇ってはくれませんし、英語を話せることだけでは給料はもらえませんよね。


技術はあくまでも道具。
その道具を持ってるから“何かできる”のではなくて、あくまでも“何かをする”時に必要な道具なんですよね。
(英語は習わせなくていいといってる訳じゃないですよ。)


とはいえ、「英語はできたほうがいい」という“習い事GOサイン”が出ると、どうしても“道具”を磨くことばかりに目がいってしまいますよね。


ところが、“その子自身”を育てることから目がそれてしまうと…道具を使いこなせる“自分”が育ってない、“宝の持ち腐れ”になりかねません。


「子供は発展途上だから…たくさんのことを身につけてほしい」という思いは多くの親が抱くことだと思いますが、目の前だけでなくちょっぴり視野を広げてみませんか?


“技術”や“知識”にこだわりすぎず、“お子さん自身の持つ力”を≪信頼して伸ばしてあげるサポート≫も、これからの時代はますます重要なポイントになってくるのかもしれません。

≪前のページ