失敗しない子供の習い事選び【小学生編】 ☆これで大丈夫!編☆子供の未来を輝かせるために

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
お子さんの未来を輝かせるために
たいていの“習い事”は、その名のとおり、まず知識や技術などを“習得する・習い覚える” 自分の中に取り入れる作業がメインになります。


今までは、知識や技術をいかにたくさん持っていればいるほど…が能力が高いかのように信じられていた時代でしたが、今はその価値観も変化しています。


これからは、自分の中に取り入れる作業だけではなく、お子さんの自由な考えをめぐらす作業を通して、自分の中から生み出す力もバランスよく育てたいものです。


人から与えられたものではなく、自分で何かを生み出す力が育つと、“自分への自信”も同時に育っていきます。そうなると、いろんな変化を楽しめるようになります。どんなところに身を置いても怖くないですし、まわりの枠に自分をはめ込んで落ち込まず、力を最大限に発揮できることでしょう。


自分の個性を発揮しながらチャレンジすること
ができます。それはとっても楽しいことです。しかも、ちょっと楽しいどころか、だいぶ楽しい!かなり楽しい!10倍も100倍も楽しいこと!


やがて社会に出てお子さんが一人で道を歩む時がきます。人生は予測のつかない変化の連続。理想と現実の間で「自分らしく生きる」にはどうしたらよいのか、悩み苦しみながら…さまようのではなく、自分の力で自分の人生を切り開いていくためにも、“自由で柔らかな考え”や“自分への自信”をお子さんにつかんで欲しいですよね。


“自由で柔らかな考え”や“自分への自信”を身につけるのには「才能のある・なし」は関係ありません。


どんな自分であっても自分という輝きは誰にも負けないものです。反対に…いくら知識や技術がある人でも、自分のよさがどこにあるかをよく知っていて“自分を信頼できる人”には、ハッキリ言って太刀打ちできないですよね。


入力作業と出力作業をバランスよく意識的に両方の機会を設けていきたいものです!

≪前のページ