失敗しない子供の習い事選び【小学生編】☆あなたは大丈夫?編☆時間とお金が追いつかなくなる呪文!?

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
時間とお金が追いつかなくなる呪文!?
「時間とお金が追いつかなくなる呪文!?」


…そんな呪文だなんて、あったらコワイ!ですよね。
ところが、呪文というほど特殊な言葉でもないのですが、“あるフレーズ”を多くの親たちが心の中でつぶやいているんですヨ。


それはどんなフレーズかというと…
「ないよりはあったほうがいい・できないよりできたほうがいい」


「やっぱり○○は出来ないより出来た方がいいし…」
「やるなら早い方がいいのかなぁ?」


この考えがうかんでくると、誰もが思わず納得!じゃないでしょうか?
この1フレーズに逆らう方がむしろ難しい…


(「子供のため」を考えて習い事をはじめる動機付けは、もうこの1フレーズで充分かもしれませんネ。)


そして、これこそが親のハマル罠だとは(!?)誰も考えたりはしません。


ちょっと極端かもしれませんがこの1フレーズ…「子供のため」=習い事の数。

つまり時間とお金と子供の体力の限りに、思いつく限りのあらゆる種類の習い事に通うことになってしまう!
(ウーン、これは子供の「何の」ため?本当に子供のため?)


特にあなたが、“つい子供のこととなると加熱してしまうタイプ”でしたなら、「こんなことも起こりうるなぁ?」なんて、習い事を考える時の参考にしてみてくださいね。

≪前のページ