失敗しない子供の習い事選び【小学生編】 ☆あなたは大丈夫?編☆「ついつい病」って何?

資料請求☆失敗しない子供の習い事選び【小学生編】
誰にでも起こりうる「ついつい病」って何?
習い事をはじめるまえって、ドキドキワクワクしますよね。お子さんにとって新しい世界に出会えるいい機会(なんか「可能性の扉をノックする」ような感じ…)だし、親にとっては「自分に自信をもつきっかけになってほしい」という期待感でいっぱいですから。


ところが、習い事をはじめてしばらくすると、親でも子でも“ついつい目の前のことを追ってしまう”症状が顔をだします。


そして、目に見えやすいこと…技術的な進歩や「優秀かどうか」に心が奪われてしまっている状態になり…いつのまにか技術を得ることだけに熱中してしまっている!


そうなると今度は親も“ついつい忘れてしまう”んですね。


はじめる前に思っていた「自信を持てるように」とか「可能性を引き出すきっかけになれば…」という気持ちをついつい忘れてしまう!!!!
熱心なればなるほど、本来の目的からそれていく(?)ことに気がつかなくなる…


でも、肝心なことから目をそらしてしまってはいないでしょうか?


・ついつい目の前のことだけに気をとられる

・ついつい忘れてしまう


これが、誰もに起こりうる“ついつい病”なんです。


「せっかくお金払ってるんだからぁー」
「せっかく機会を与えてあげたのに…」


習い事をはじめて、そんな一言が飛び出すようなら(口にしなくても心の中でそう思ってしまったら)要注意かもしれませんね。

≪前のページ