“会員さんの声”

ドキドキ空想画コース
小学3年生以上のお子様向けのコースです

ドキドキコースの会員さんの声

☆2ヶ月目の会員さん(小学3年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
絵を描くのがなかなかすすまず戸惑っている姿をみて、横から「お母さんも描いちゃうぞぅーーー」と今月は何度か母も出現しております。
すると、子供ものってきて、どんどん調子がでてきました。
先月の作品がもどってきてとても嬉しそうにコメントを読んだりカードになった自分の絵を不思議そうにながめていました。“ほめて育てる”・・・すごい力ですネ。

☆10ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
今月は課題がケーキなので、食いしん坊のTは、いつも以上に?!はりきって描いておりました。そして自由画まで食べ物になっていました。

☆1ヶ月目の会員さん(小学3年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
初めての空想画への取り組みです。
カズーダのくに・アブリンにとても興味を示しました。月の途中でアブリンからきたハガキがすごく嬉しかったみたいです。
絵に関しては、運筆もなめらかにえん筆がスラスラと描ける感じではありませんので1枚を仕上げるのにも結構、時間がかかります。でも「カズーダの国には、こんな魚がいるかもね・・・」などといいながら楽しそうでした。

☆11ヶ月目の会員さん(小学6年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
今月は私が見てあげることが出来ず、一人で留守番をしている時などに取り組んでいました。
小さな絵(月など)をびっしりとていねいに描くことが出来る様になり、そういう地道な作業が一番苦手だったのに・・・と考えると、かなり精神面で変化があるんだなと感じました

☆3ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
 添削シートが届く度にとても喜んで、何度も何度も見て、コメントを読んでは ご満悦です。キャラクターたちはもう、すっかり“夏実ワールド”の住人と化してます。描くたびに自信の翼が大きくなっていくようです。
 今月はちょっと油断しているうちに 過ぎてしまって、追いこみパターンでした。遅くなってすみませんでした。でも、六ヶ月後の作品集が ものすごい励みになっているそうです。
 いつも温かいコメントをいただき、ありがとうございます。夏実の可能性の芽を一緒に見つめて下さる事をとても心強さを感じます。今後とも よろしくお願い致します。娘と一緒に取り組めるのが本当に楽しいです。

☆3ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)おお家の方
——————————————————————————-
夏休みに 四万十川を見てきました。その大きな景色が醗酵して、「海」や海につながる「川」への興味が高まっているようです。なので、自由画はその路線です。
 作品シートで自分の作品をふり返って、先生方のコメントを味わって、ものすごい達成感、満足感を楽しんでいます。キャラクターたちも身近に感じ、すっかりガズーダの世界の住人になっています。(チョリが大好きなのだそうです)今後ともよろしくお願い致します。
八月分の作品シートを早目に送って下さって、ありがとうございました。娘は大喜びで毎日、何回も何回も眺めてニッコリしています。いただいたコメントも励みになって、自信が益々ついたようです。自信がつくと、まわりの人にも優しく接する事が多くなるのですね。表情に余裕が見られます。

☆1ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
初めてのテキストが届くやいなや、大喜びで開封してテキストに見入っていました。いつも自主的に取り組んでおり、知らないうちに一人でどんどん進めていたりします。ブツブツつぶやきながら、ニッコニコ顔ですごいスピードで描きあげますが、作品が仕上がる度に達成感と満足感が大きくなっていくようです。頭の中にいっぱいの「物語」を気持ちよく出力するルートが一つできたんだな、という感じです。普段もテキストをよく広げて見ています。読むのも楽しいのだそうです。「すごいじゃん!!」を始めてよかったなァ と心から思っています。
「『空想画ですごいじゃん!!』をやっている子はすごいねぇ」と双子の姉から言われ、「うん!すごいでしょ!」とご満悦の様子です。自分でも「私の絵って…だよね」などとほめています。

☆4ヶ月目の会員さん(小学2年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
空想画を始めて、感想文・作文のたぐいが苦手だった娘がうそのように、『書くこと』も好きになったようです。毎回、コメント欄もみっちりうめています。言葉があふれてくるのをひとことももらすまい、と思って書いている様子です。

☆6ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
今月届いたコメントシートなどを読んであげたら、すごく嬉しそうでした。いつもよい所を見つけて沢山ほめてくださり、励みになっているようです。

☆5ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
課題の指示に従って描いてみると、ステキな作品がたくさん出来上がりました。親も子も感動!!

☆1ヶ月目の会員さん(小学3年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
いつも白い紙があっても、絵は描かず、好きに野球の対戦表や、電車の時刻表、迷路などばかり書いている子ですが、カズーダのくにマップにのってきて、更に「消しゴムを使ってはいけない」ということで大喜びし(いつも消すのが汚く、大変そう)、「僕、やりたーい」と言って熱心に描いていたので驚きました。何でも好きに描いていいんだ、というのも喜びました。とてもせっかちで、字でも絵でも書くのが早く、手がうまく早く動かないのがもどかしいのか、ていねいに塗るのも嫌いみたい。乱暴に描いているように思われますが、うでが疲れる位力いっぱい・一生懸命かいていました。

☆3ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
絵を描いている時は実に楽しそうで、次から次へと仕上げていきます。今回の自由画を描く時には、自分であみだくじを作っていました。スペシャルステージに参加した経験を活かし、北風くんと南風さんのように、自分でストーリーを考えていました。

☆3ヶ月目の会員さん(小学5年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
課題画も自由画も意欲的に取り組んでいましたし、出来あがった絵も紙いっぱいにのびのび描けていると思います。回数を追うごとに絵を描く楽しさが増している様です。

☆29ヶ月目の会員さん(小学4年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
とても楽しみながら絵をかくことが出来ました。自分なりに、いろいろ国を考えながら絵に表しています。勉強するとき、前よりも集中できるようになったと言われることがふえたのも、絵に対する取り組みとつながっているような気がします。

☆2ヶ月目の会員さん(小学5年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
先月の返事が届いてから、またやる気が復活したようです。Hは絵もなかなかおもしろいですが、その絵につける題も「発想がいいな」と気がつきました。消しゴムを使わない、このスタイルは、Hの絵をよけいにのびのびとさせていると思われます。
(中略)同じテーマでも全く違った絵が完成するなんて驚きました。

☆4ヶ月目の会員さん(小学4年生・男の子)のお家の方
——————————————————————————–
自由画は、好きなものを好きな様にかいていて、2枚くらいは集中してやっていました。課題画は、最近「かくれた絵」がはやりのようで、最後に小さく何か書くのを楽しみにしています。今、はやりですね。
* * * 
いただいた絵(印刷したハガキ)を額に入れると、どんな絵より素敵です。いろんな所にかざって見ては、ほほえんでいます。

☆2ヶ月目の会員さん(小学3年生・女の子)のお家の方
——————————————————————————–
自由画が楽しくて仕方ないという感じで、楽しそうに描いていました。先月のコメントが届き、嬉しくてやる気満々になったようです。

☆5ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
色々体験した事と想像したことを、無理なく絵の中にアウトプットして、楽しんだり、再確認したりしているようです。最近は展覧会や美術館などに足を運び、同じ年代の子供がかいた絵をみて、子供なりに人の作品から感じ取れるものを、言葉にしている娘にちょっとびっくりしています。こういう毎日のちょっとした積み重ねが、これからかく絵にも登場してくる事を楽しみにしています。
今年もお世話になり、ありがとうございました。絵の持つ威力には本当におどろかされて、それがわかっただけでも私にとって大きな収穫でした。来年もあたたかく娘を見守ってくださいますようよろしくお願いいたします。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
お世話になっており、ありがとうございます。今日、提出作品のコメントが送られてきました。Aは大喜びで、全部を「宝物にする!」と言っております。自分の描いたものが、親でなく会ったことのない先生方に褒めてもらったのが、嬉しいようです。絵のひとつひとつのコメントに「びっくりするって?この絵が?ホントに!」というかんじです。
作品のカードをずーっと眺めていて、「どんな子がAの絵みてるんかな?このカード描いた子は何歳かな?どこに住んでるんかな?」と、そればっかりです。
今は熱を出して、咳がひどいですが、「早く治して絵を描きたい。」と話しております。

私も、たくさんの生徒さんを見てこられた小林先生にコメントしていただいて、質問にも答えてくださって、嬉しく思います。もっと私も見たまま、感じたままをAに伝えていけばいいんだなと、同じ目線で楽しんでいけばいいんだなと思いました。

実は、今月の課題は最初の数枚は「もっと丁寧に!」を連発してしまい、私の目を気にしながらの絵なのでAらしさの出ていない絵になってしまいました。反省です・・・。
こんなにも如実に心を表すのかと思いました。

☆5ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
今回は課題画の数(魚とか木)多くて大丈夫かしらと思いましたが、月末にいっきにやっていました。今月はクリスマスパーティーにたくさん呼ばれて楽しそうでしたね!いつか、アトリエ・モンスターのパーティーができれば楽しそう!と親子共々思った次第です。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————-
いつでもどこでも描き始めるH。わが子ながら一体何をかんがえてんのやら!?というような絵もありましたが、本人は満足そうで、絵について沢山おしゃべりしてくれました。しかし、寝る前に(ふろあがり)にかきたがるのはどうでしょう?リラックスでるからでしょうか?「すっごくいい絵が描けそうだ!」と本人は言ってましたが、今回は書かせませんでした。次回は一度、夜にかいてもよいかなーと思ってます。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
よろしくお願いします。
絵をかくのは好きな娘ですが「みんなにきれいと思ってもらえるかなぁ」といつも気にしながらかいているようなので、お絵かきをもっと楽しんでもらえるといいなと思います。消しゴムを使えないことは最初つらかったようで「ぐちゃぐちゃでもいーの?」と不安そうでしたが、だんだん慣れてきたようです。気楽にかくようになりました。

☆2年3ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
気がついてみると、自由帳や白い紙に絵をかいています。絵をかくことは生活の一部であり、自己表現の再考の手段になっているなと感じます。一年生の頃に書いた絵を比べてみると、紙の中にしっかり書きこんでいこうとする態度が身についているし、人物や動物の表情も豊かになってきたことがよくわかります。これも継続して描き続けてきたおかげであり、いつもあたたかく指導していただいているおかげと感謝しています。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
とにかく教材が届くと、とびついてすぐに「自分の世界へ」行ってしまいます。Kのなかにあるいろんな「世界」のカズーダへのとびらがあくのです。「描く」ということが「物語を紡ぐ」作業なのだと・・・夢中になってエンピツを動かす子供をみて思います。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
調子よくスイスイとかいている時があったり、あまりスピードはないけれど、じーっと見てから何かをかき足したりと、ゆっくりかいている時があったり、思わず何を考えてるの?と聞いてみたくなりますが、空想中に声をかけるのはマズイと思い、ぐっとガマンしました。
「四角い雪だるまのむしゃむしゃ運動会」という題が決まり、すぐにパン食い競走をかきはじめました。ころんでいる所をかきながら、ゲラゲラ笑っている姿を見て、楽しそうだなーと、こちらも嬉しくなりました。

☆2年目の会員さんのお家の方
——————————————————————————-
行きつけの歯医者さんに、子供たちの絵をはるコーナーがあり、Yも行くたびに掲示させてもらっています。お医者様から「上達しましたね」とほめていただき、本人もうれしそうでした。おかげさまで嫌がらずに通院してくれています。

☆3ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
自由画大好きです。自由に描いています。ただひたすら集中して、おわったら「ふぅー」と満足気です。裏のコメントも、思い入れのある作品にはしっかりと書いていて、とっても見ていて楽しいです。何コか続けて同じものをかくのが得意ですね。舌をペロペロしながらかいています

☆1年6ヶ月の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
今月も気がついたら課題画も自由画も終わっていて「タコください」(スペシャル課題)と言われました。(中略)それは楽しそうでした。どんどん、ああしよう!こうしよう!と考えが浮かぶようです。こういうのもっとやりたいと言っています。

☆1年2ヶ月の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
前回に引き続き「よく描けているなぁ」と思いました。ダイヤ形は曲線がないので、動物や、日頃Mが描くような小物に変身させにくかったようです。でも、がんばっていました。自由画も想像の世界が更に広がったようです。

☆12ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
「何かいろいろと考えるとわくわくしてのってきちゃうんだよ。ご飯もう少し後にして!」と言われてしまいました。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
娘の取り組みを見ていると、大人になったらこういうのは描けないんだろうなぁ、と思うところが多く、子供時代になすべきことがあるんだと、つくづく思いました。

☆11ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
相変わらず「えっ、どうやって描こう?」と頭をひねっていますが、描き始めると楽しそうに、すらすらっと仕上げていました。

☆3ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
今月は今までより少しむずかしかったようで、最初は「えーっ!!できるかな!?」と不安そうでしたが、やりはじめると結構かけるようで、とてもおもしろい作品ができて満足そうでした。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
決められて絵を描くことに抵抗するかと思っていましたが、そのようなことは全くなく、楽しくすすめることができました。初めてみるカズーダの世界、次は何がくるのか待ち遠しい様です。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
私も娘といっしょにやりたくなりました。もしかして、こういうものは、親にこそ必要かと…!?子供の頃の心を思い出して、わくわくしたいです。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
こんなにたくさんと思ったのは親だけで、日付をみていただければおわかりいただけると思いますが、一回に三枚ペースで仕上げていました。最初はとまどったようですが、本当に楽しいんでいましたね。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
とりかかると、とても楽しんで取り組み、やめようと言ってもやめないくらい集中してできました。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
ほめられると嬉しい!初めて作品が返ってきて、まるで自分の事をほめられている様で、何度も読み直しました。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
ひとりっこなので遊びといえばゲームばかりになりがちでした。テレビやゲームのような受け身の遊びではなく、自分で何か行動をおこして楽しめるもの(しかもためになるもの)が何かないかと思っていたので、ピッタリでした。

☆11ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
絵を始めてから、ほかのことに対して集中力が増したのでは?という気がしていて、絵だけではなくいろいろな興味が広がっているように思えました。

☆1年4ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
作品集、とても素敵に仕上げて下さって、ありがとうございました。学校の先生やお友達にも紹介し、また自信をつけたようです。本人にとっても大きな励みになっているようですし、もうNo.3を楽しみにしている気の早い(?)ゆりです。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
書き始めると止まらない…。疲れて2日にわたって書くこともありました。説明してくれたり、一人でしゃべりながら書いて、話題がつきませんでした。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
先月自分が書いた絵にコメントがあること、カードになっていたことが、とてもうれしかったようです。自分が書いた小さなこだわりに気がついてもらえたことが、特にうれしかったようです。

☆7ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
描いているときの表情が生き生きしていて、うれしくなります。

☆5ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
温かい言葉や励まし、家族中で喜んでいます。

☆3ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
未知の生物とかモンスターとかが好きでよくかいていますが、原型の生物があって、それを変化させているものも多いことに気がつきました。特に自由画はずっとしゃべりっぱなしでストーリーを語りながらかいています。

☆3ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
尚斗のビルの絵は、親の私が見てもなんだか怖いくらいに細部が描かれたりします。どこかに出かけても、普通の人が気がつかないような所を見ています。どうしてこんなかな?と気になったこともありましたが、アトリエ・モンスターに出会えて、私がホッとしています。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
最初けしごむを使わないという事にびっくりしましたが、意外に心のつぶやきの様に、すらすら書けているので、子供ってすごいなと思います。

☆1ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
課題画は、もっとありきたりの絵になるのでは…と思っていました。
はじめは、筆が進みませんでしたが、次第に「こんなふうにしてみたよ」と楽しんで工夫していました。一人で進めているので、周りの人の影響を受けず、ものまねでない作品ができあがるのでたのしみです。

☆6ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————–
学校でかく絵も、しっかり描き込むことができるようになったことを先生からもほめてもいました。本人にとって大きな自信につながっています。

☆2ヶ月目の会員さんのお家の方
——————————————————————————-
課題画の六枚目になって、初めてとても丁寧に鉛筆を動かしていました。細かいところまで、落ち着いて描いていましたので、ビックリしました。今までは運動と同じように、勢いでワーッと描いて、ハイ終わりって感じだったので…。真剣に取り組んでいる姿を見て、嬉しかったです。

PAGE TOP