★『ダメな子の転機』とエンピツの話
子供の絵のクラスがはじまった当初の話です。
イヤイヤ絵を描いていた?子供たち。自信もなく、できあがると絵を描いた本人もガッカリしているし、私もガッカリ。


鉛筆で下書きを描いて、そのあと絵の具で塗って…というかんじだったので、2時間のクラス2回くらいでやっと1枚完成。
子供たちは、あんまりすすんで描かないんです。


水彩絵の具は半透明で、色をぬると下書きも見えなくなっちゃうし、油絵のようでもないから、完全に上から白くぬって描きなおすこともできないし…。


いったん絵の具でグジャグジャになったものを直していくというのは、不可能に近いんですよね。


それで子供は自分でわかっちゃうんです、汚いなぁって。ただグジャグジャ色をぬっているだけで、楽しくない。(だから、枚数も増えない。)


(せっかく下書きはまぁまぁオモシロかったのになぁ…)
(あぁーあー、またやっちゃった…)っていう。


そういうことが続いて、でも、そんな状況からなんとか脱出しなくてはいけないと考えていました。すると、


(なぜ、色をぬらせなくっちゃいけないんだろう?)


と思ったんです。


その時までずっと『子供の絵(水彩画)っていうのは、鉛筆でかいて、色をぬって完結するものだと』思っていたんですが、その時決めました。


「色をぬるのをやめさせよう!」と。


「色をぬらなくていいよ」となってから、それまではグジャグジャにぬりこめられていた子供達の絵の中に、いろんなストーリーやイメージかあるんだな、ということが見えてきて、自然と「オモシロイね、すごいねぇ。」と言う言葉が私の口をついて出てきました。


(すごいなぁ、なんだ…すごいじゃないか!)


素直にそう思えたんです。


私:「センセイこういうのは考えつかないなぁ!スゴイ。じゃあ、もう一枚かいてみよっか。」
子供:「わかったぁ!」


そうすると、10分や15分そこらで1枚をパパッとかいてきちゃう。


子供:「どお?」
私:「すごいな、じゃあ、もっとかけるなぁ…もっとかいてみよう。」


そうすると、子供たちみんな1日何枚も描いちゃう。ほんとにどれもすごくて、 


私:「これは本当にすごいなぁ…!!」


そうやって、私が子供たちを「すごいな」って思った途端、子供も楽しみはじめて…どんどん絵をかくようになっちゃったのです。


「ダメだなぁ…」「あちゃぁー」「うわぁー」と思っていたときは、私自身も子供のよさを発見できていなかったし、当然ほめることもできませんでした。それも、子供にも伝わっちゃっていたのでしょう。


私の見方が変わる前と後で、子供の絵の内容が劇的にかわったのかといえば、実は…そんなには変わっていなかったのかもしれません。


でも、私が「オモシロイなぁ!!」と思い始めたのが、子供たちに伝わったんだと思います。


人が見る目が、いかに子供たちに大きく影響を与えているのか、わかった出来事でした。


何か子供に対して本当に「おもしろいなぁ」とか「すごいなぁ」と思った途端に、ものすごく子供に通じるんじゃないかなぁ…と思います。


「もう、どうしようもない!」という目で子供を見てしまうか、子供が「楽しいから、もっと、もっとやるー!」というふうになってしまうかは、そのそばにいる親や大人の見方が実はとても大切なんじゃないかなぁ…とも考えてしまいました。

●教室エピソード集(タイトルページ>>>
やばい!お母さんだ!ダメ先生ピンチ 絵のヘタな先生『開き直り』の言い訳も聞いてやってください…
正直セコイ…でもケチったら、子供に大ウケ&効果絶大 「あれもダメ!これもダメ!」なんて、おもしろくなーい!
摩訶不思議・何にもない庭での写生大会 問題発生!途方に暮れてひらめいた作戦とは?
『ダメな子の転機』とエンピツの話 子供たちの鋭いツッコミで思いついたゾ!最高の評価法
子供って、言う事をきかない生き物ですよね? 「参りました!」と降参したくなる驚きと嬉しさと
勇気がいることほど、すごい結果を生むのかも! あなどるなかれ、子供の落書き
間違ってました、ゴメンなさい。気づいた時からヤミツキの楽しさ 教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
これが、がんばりすぎないデタラメ発想法です コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
なんとかしなきゃ…天才たちが埋もれていく 呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」