★あなどるなかれ、子供の落書き
子供の頃、誰もが紙にいろんな落書きをしたんじゃないでしょうか?
子供って、本当にいろんな絵をかいちゃいますよね。
一見グジャグジャ。


大人からするとメチャクチャだったり、意味がわからなかったりする落書き。字を書いたり、説明をいれたり、マンガのような吹き出しをかいたり。


でも、「絵をかきましょう。」と画用紙を手渡された時に、その落書き調でかいたら、たいていの場合は(大人には)あんまりいい顔はされません。


もっと上手に絵をかけないものかな?


でも、そこが落とし穴。


ああしちゃだめ、こうしちゃだめ、とその絵にダメだしをして制限してしまっては、せっかくの宝物を見逃して捨ててしまうことになりかねないんです。


「絵ってこういうものだな」とかそういう、大人の目でみてアドバイスしようとしてしまうと、泥沼にはまっちゃう可能性がものすごく大きいんです。
(なにを隠そう、私もはまってしまっていた時期がありました、泥沼に。)


でも、一般的にうまい絵をかけることよりも、たくさんの絵を楽しく描いていくことの方が…何百倍もすごいことなんですよー!


一枚一枚の技術的な完成度を求めるのではなく、子供の自由な発想に焦点を合わせていくと、キラキラとした宝物が見えてきます。


はじめはみんな原石なんです。
ダイヤモンドだって、はじめからキラキラしては見えていませんよね。


それに…親の見る目がかわると、子供も変わる!
「この絵はなんだか落書きみたい…」ではなくて、「○○ちゃんの描く絵はスゴイから、もっとかいてみよっか?おもしろいね…!」というと、子供も親も嬉しい!!


楽しんで絵を描いて、自分の頭で生み出したモノを表現していくことによって、子供の中の原石が磨かれていくんです。


見守っていくうちに、子供はすごいパワーで世界を広げて、発想する力までも磨かれていくことでしょう。


だから、落書きみたい…で終わらせるのはもったいないですね!

●教室エピソード集(タイトルページ>>>
やばい!お母さんだ!ダメ先生ピンチ 絵のヘタな先生『開き直り』の言い訳も聞いてやってください…
正直セコイ…でもケチったら、子供に大ウケ&効果絶大 「あれもダメ!これもダメ!」なんて、おもしろくなーい!
摩訶不思議・何にもない庭での写生大会 問題発生!途方に暮れてひらめいた作戦とは?
『ダメな子の転機』とエンピツの話 子供たちの鋭いツッコミで思いついたゾ!最高の評価法
子供って、言う事をきかない生き物ですよね? 「参りました!」と降参したくなる驚きと嬉しさと
勇気がいることほど、すごい結果を生むのかも! あなどるなかれ、子供の落書き
間違ってました、ゴメンなさい。気づいた時からヤミツキの楽しさ 教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
これが、がんばりすぎないデタラメ発想法です コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
なんとかしなきゃ…天才たちが埋もれていく 呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」