★教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
子供達が、絵の具で色をぬって絵を完成させていたはじめの頃は、2週間に1枚の絵ができあがる程度でした。
しかも、子供は絵を描いていてもあまり楽しくなさそう。


鉛筆だけで完成させるようになってからは、それまで意識してみていなかった子供の発想に目をむけることができるようになったこともあり、絵の具でぐちゃぐちゃだった子の絵が、あっという間に、180度変わってしまったんです。


すごいなぁ、なんだすごいじゃないか!こんなオモシロイ発想。
「じゃあ、もっとかいてよ。」
「わかった…」「どお?」
そうすると、10分や15分そこらで1枚をパパッとかいてきちゃう。
「すごいな、じゃあ、もっとかけるなぁ、もっとかいてよ。」


そうすると、みんな1日何枚も描いちゃう。ほんとにどれもすごい。


「これは本当にすごいなぁ…!!」
だからあっという間に2、3ヶ月で4、50枚描いちゃって。
かく枚数が増えてくると、黙っていても自然に発想がどんどんわいてくるようになったようです。


1週間に1回のクラスで、10枚もかくということは、月に4回で40枚…つまり40回もすごいことを自分の頭で考えるということなんです。


普通の子供が1年間に何枚絵をかくの?といったら、たぶん、数枚程度でしょう。


それに、しぶしぶ描いて1年間数枚の子と、自分で描くのが楽しくて1年間に100枚以上かく子供とでは、もうだまっていても、とんでもない成長がみられるわけです。


これは、教える教えないという問題ではもうありません。
素質だとか才能だとかの生まれつきの差さえ関係なくて、どんな子にだって変化がおこるんです。


教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう、というわけです。

●教室エピソード集(タイトルページ>>>
やばい!お母さんだ!ダメ先生ピンチ 絵のヘタな先生『開き直り』の言い訳も聞いてやってください…
正直セコイ…でもケチったら、子供に大ウケ&効果絶大 「あれもダメ!これもダメ!」なんて、おもしろくなーい!
摩訶不思議・何にもない庭での写生大会 問題発生!途方に暮れてひらめいた作戦とは?
『ダメな子の転機』とエンピツの話 子供たちの鋭いツッコミで思いついたゾ!最高の評価法
子供って、言う事をきかない生き物ですよね? 「参りました!」と降参したくなる驚きと嬉しさと
勇気がいることほど、すごい結果を生むのかも! あなどるなかれ、子供の落書き
間違ってました、ゴメンなさい。気づいた時からヤミツキの楽しさ 教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
これが、がんばりすぎないデタラメ発想法です コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
なんとかしなきゃ…天才たちが埋もれていく 呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」