★コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
みんな 今日は書道に挑戦してみよう!
墨と半紙は用意してあるから 好きなものをかいてごらん。
「エー、どうしてなの。ここは絵の教室じゃないの?」
そうだよ 絵の教室だよ だから絵の書道なんだよ。
学校でやっている書道は忘れちゃっていいからネ。
ただし 筆は使わないこと!
「じゃー何でかくの …… 」
自分達で工夫をして、筆を作ろう!
そこらへんにあるものとか、
ゴミ箱のなかに捨ててあるものとかを使って、
画用紙のかわりに半紙 ・鉛筆のかわりに自分でつくる筆なんだよ。
さあ筆をつっくてかいてみよう!


「先生できたよ どう みて!」
おもしろいよ すごいじゃないか!!
「ほんとう、もっとかいていい?」
いいよ どんどんかいていいからね(半紙は画用紙より安いし…)
「ぼくのも見て...」
いいなー すごいなー 想像以上だ。


(すでにデタラメパワーを自分のものにしている子供達。)
(絵以外のことにもなんなく応用!もうこうなると「こわいものなし!」だ。)
(すごいぞ!)


よーし じゃ 先生がみんなのハンコをつっくてあげよう!
ちょっとまってね。


ほらハンコができた。
「わぁー いいな、わたしのもつくって」
「ぼくのも…」「わたしのも…」「わたしのも…」「ぼくのも…」
わかった、わかった 順番だから待っててくれぇ。
(みんなすごい勢いで かき上げては ハンコをせがむ…)
(フー 疲れるなー むちゃくちゃだぁ…)
(もうデタラメ書道は一回でやめてやるぅ!)

●教室エピソード集(タイトルページ>>>
やばい!お母さんだ!ダメ先生ピンチ 絵のヘタな先生『開き直り』の言い訳も聞いてやってください…
正直セコイ…でもケチったら、子供に大ウケ&効果絶大 「あれもダメ!これもダメ!」なんて、おもしろくなーい!
摩訶不思議・何にもない庭での写生大会 問題発生!途方に暮れてひらめいた作戦とは?
『ダメな子の転機』とエンピツの話 子供たちの鋭いツッコミで思いついたゾ!最高の評価法
子供って、言う事をきかない生き物ですよね? 「参りました!」と降参したくなる驚きと嬉しさと
勇気がいることほど、すごい結果を生むのかも! あなどるなかれ、子供の落書き
間違ってました、ゴメンなさい。気づいた時からヤミツキの楽しさ 教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
これが、がんばりすぎないデタラメ発想法です コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
なんとかしなきゃ…天才たちが埋もれていく 呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」