★呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」
子供絵を教えるなんて、簡単カンタン…
最初は、そんな考えだった、でも違った!
ハーイ 紙だよ 何でもいいから描いてね。
「 何でもいいからって、何描くんだよ 」
だから 何でもいいよ 好きなもの。
「 …… 」


一体、何を教えようとしているんだろう
何もないんじゃないか、私には。
何もないのに 何を教えようとしているんだ…


なーんだ 俺もこの子供たちも、
同じレベルだったんじゃないか!


絵を具象的に描かせるのは、能力差があって、そんなことをトレーニングしていっても、どうにもならない。というか、この子たちでは、ぜんぜんできない。


でも、この子たちをあきらめるの?
ダメだからって見放すのか?
そもそも、絵を描かせて何を育てたいのかな?


そうだ、絵が上手になることよりも、一人一人のアイデアや個性やいいところをもっと引き出して育てて自信を持たせることができたら…すばらしいんじゃないだろうか。


子供の創造性を育てる、個性を伸ばすには どうしたらいいんだろう。


そこからが、本当のスタートだった。

●教室エピソード集(タイトルページ>>>
やばい!お母さんだ!ダメ先生ピンチ 絵のヘタな先生『開き直り』の言い訳も聞いてやってください…
正直セコイ…でもケチったら、子供に大ウケ&効果絶大 「あれもダメ!これもダメ!」なんて、おもしろくなーい!
摩訶不思議・何にもない庭での写生大会 問題発生!途方に暮れてひらめいた作戦とは?
『ダメな子の転機』とエンピツの話 子供たちの鋭いツッコミで思いついたゾ!最高の評価法
子供って、言う事をきかない生き物ですよね? 「参りました!」と降参したくなる驚きと嬉しさと
勇気がいることほど、すごい結果を生むのかも! あなどるなかれ、子供の落書き
間違ってました、ゴメンなさい。気づいた時からヤミツキの楽しさ 教えないから、すごくなる。誰でも天才になってしまう理由
これが、がんばりすぎないデタラメ発想法です コレを手に入れた子供たちは、はっきり言って「こわいものなし!」
なんとかしなきゃ…天才たちが埋もれていく 呆然とした日。「じゃあ、この子たちを見放すのか」