「えっ、この子が!?」お子さんの印象が
          180度かわっちゃって、すごい!

子供が自分の心を自由に表現する『空想画』では、子供はたった1枚の絵にも、じつにたくさんのイメージや物語を盛り込みます。
大人の目には一見何が描かれているか分からないような絵でも、その発想を聞きだしてあげているうちに、その子が何を考え、どこまで考えているのかが分かり、「ああ、こんなことをいっぱい考えて描いているんだなあ」「へえ、オモシロイね、すごいねえ」と素直に驚き、楽しむことができるようになってしまうんです。すると、子供もそんな大人の姿をしっかりと受けとめます。

大人が本気で自分の描いた絵に驚いたり、楽しんだりしてくれていると分かると、子供自身も自分の世界を創り出すことを楽しみ始め、どんどん絵を描くようになります。そして、絵を描きながら、その子独自の発想が自然にどんどんわいてくるようになってしまうのです。これは、教える、教えないの問題ではなく、だまっていても子供たちはとんでもない成長を見せてくれます。そしてこれは、素質だとか才能だとかの生まれつきの差に関係なく、どんな子にも起こる変化なのです。

『空想画』を通して、普段の生活からでは見ることができないお子さんの一面が見え、お子さんに対する見方が大きく変わる…『空想画』には、そんなすごさが秘められているんです!

子どもの話を聞いてあげるだけで、
           お子さんの目がキラキラ★

「さあ、自由に好きな絵を描いてネ!」と言っても、白い紙を前に石ころのように固まって、ほとんど手の動かないお子さんも多いですよね…。あなたのお子さんはどうですか?
ところが『空想画』では、心のスイッチを押された子供は、いろいろな発想があふれ出し、どんどんイメージがふくらみ、描くものに意味を持たせたり、ストーリーに発展したり、次々と発想が展開していきます。こうなると、もう誰もとめることはできません!

「お母さーん、みてみて、こんなのかいてみたよ!すごいでしょー☆」「これはね、ケーキのおうちなの。ここがまどになっててねぇ…♪」「ここはね、とげとげ星人の国なんだっ!!だから空もとげとげなんだよ!!」と、お母さんのところへやってきます。子供たちは、自分の頭の中から生まれてきたお話の説明を、誰かに聞いて欲しくてたまらないんです。

そんな風に、子供がとっても楽しそうに取り組む『空想画』ですが、お母さんがしてあげることは、テキストの説明と絵を描いているお子さんの話を聞いてあげることだけなんです。これは、誰にでもできて、とっても簡単。ですが、お子さんとそんな楽しい時間を過ごしているうちに、お子さんにしかない凄いところが見えてきて、気がつくと自然とほめていたり、驚いていたり、感動したり…『空想画』では、お子さんの可能性の大きさを肌で感じることができるんです。

子どもたちの頭の中って、こんなにすごい!

PAGE TOP