★なんで「教室」じゃなくって「通信教育」にこだわったの?  
 
ズバリお答えします!それは、お子さんの一番の応援団であるお母さんに、お子さんの変化や成長を目の当たりにしていただきたいからなんです。


絵を通して見えるお子さんの心の動き、独自の世界、ユニークな発想など、『その子らしさ』の芽がグングンと成長し、パァーッと鮮やかに花開いていく様子は、まさに「すごいじゃん!!」。


「自分ってすごいじゃん!!」とお子さん自身が感じ、また、それを見ているお母さんも「えぇー、うちの子って…すごいじゃん!!」と驚いてしまうライブ感は、“教室”では決して味わえません!


親子でできる、しかも普段の生活の中で自然に取り入れられるカリキュラムだから可能なこと。だから、教室は開いていません。単なる通信教育ではない“こだわりの通信教育”なんですね。

     
★親子で成長しちゃう!『空想画』が生み出すコミュニケーション
 
楽しそうに鉛筆を紙の上にはしらせ空想画を描く子の頭の中では、ポンポンとアイデアがわきだしたり、頭の中でストーリーがグルグルとめぐっていたり。だから、描いているあいだおしゃべりがとまらない子や、目をキラキラさせてお母さんに説明をはじめる子も続出です。


また、その子の宝物がギュッとつめこまれたような絵を見ていると、普段の生活や、学業面などからは見えなかった、お子さんの“よさ”や“すごさ”が、浮かびあがってきます。その一つ一つに「へぇーおもしろい!すごい!」とお母さんが関心を寄せずにはいられないでしょう。


そういったお母さんの驚く姿を見て感じたお子さんの中には「あ、自分はこれでいいんだ!」という自信がますます育ちます。“お母さんの見守り”が、想像以上にお子さんの持っている力やその子らしさを育てる「縁の下の力持ち」の役割をするんですね。


どうですか?難しく考えなくとも、こんなステキな親子のコミュニケーションが『空想画』を通して自然にできてしまうなんて!!


親子って、一緒に成長できちゃう特別な関係。さぁ、あなたもお子さんと一緒に楽しく歩む一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?


それでは、すでにこの『空想画ですごいじゃん!!』に参加されている会員さんの声を一部ご紹介いたしましょう。⇒会員さんの声はコチラ

 
<<<トップページに戻る